インビザラインで通常より正確で効果的な矯正ができる

dentist

大人のほうが向いている

famaly

府中ではたくさんの大人が矯正歯科に来院します。子どものときに矯正するよりも、大人になってからのほうが理想に近い治療がしやすいのです。見た目が気になる人のためにいくつかの治療法があります。

詳しく読む

使われている素材

Dental

古くからインプラントは行なわれており、昔は鉄を使っていた時代もあります。今、神戸の歯医者で行なわれているインプラントにはチタンが使われています。チタンは骨と結合しやすい特徴があるのです。

詳しく読む

初期の虫歯は削らない

Dental

初期の虫歯というのは歯のエナメル質に穴ができてしまった状態をいいます。この場合、熊本の歯科では虫歯を削らずにフッ素を塗ることで治療するのです。フッ素はエナメル質と結合してより固い層をつくってくれます。

詳しく読む

マウスピース矯正の1つ

man and woman

歯並びを気にしている人はたくさんいます。歯が命といわれるほど、人の健康や与える印象にとって大切な部分だからです。どんなに綺麗な人でも笑ったときの歯並びが悪いと清潔感に欠ける印象を与えてしまうでしょう。そんな歯並びを直す治療のことを矯正といいます。松戸の歯医者では矯正のときにインビザラインというシステム利用することがあります。普通、多くの歯科ではブラケット矯正が主流です。ブラケットは昔からある方法で、ワイヤーの引き締めで歯の位置を動かすという矯正方法です。これには数年という長い時間がかかってしまいますが、ほとんどの歯並びに使える方法です。また、一番しっかり矯正が行える方法でもあります。では、松戸の歯医者で行なわれているインビザラインとはどういった矯正法なのでしょうか。1999年にマウスピース型矯正治療としてインビザラインがアメリカで取り入れられました。日本に導入されたのは2006年になってからです。松戸の歯医者で行なわれているインビザラインでは、オーダーメイドで一人一人に合わせて作られた透明なマウスピース型装置が使われます。今までにあったマウスピースを使用する矯正法と何が違うのかというと、最初の歯型をデジタル化してより細かく治療の計画が立てられるようになったということです。そのため、マウスピースを作る毎に歯型をとるといった手間が省けるのです。また、他の矯正治療では月一回の通院が必要ですが、松戸のインビザライン矯正なら二ヶ月から三ヶ月に一度の通院で治療を進めることができます。

Copyright© 2015 インビザラインで通常より正確で効果的な矯正ができるAll Rights Reserved.